1. TOP
  2. 製品紹介
  3. 【レフティ】サイテーション 左)DH510ドライバー

【レフティ】サイテーション 左)DH510ドライバー

パワービルト史上最大級の510tチタンヘッドを採用。
当然スィートエリアが広がり、安定した飛距離を楽しむことができる。

フェース部には反発力の優れたβチタンを採用。
反発係数(COR)がルールの最大値0.83を
超える高反発モデル。
反発力を高めることにより、大きな飛距離アップを
期待することができる。

フェース面に接合面がない「カップ型フェース」を
採用することで、反発力を最大限まで引き上げ、
飛距離アップにつながる。

ヘッドが大きければ大きいほど返りにくく、ボールが
右に飛び出しやすくなります。
そのため、CITATION DH510ドライバーは
フェースを4°右に向けることで、インパクト時に
フェースがスクエアに戻るよう設計。

一般的に販売されているロフト角(9.5°や
10.5°が多い)よりも、さらにねかせて12.5°の
ロフト角に設定。
これによりアマチュアゴルファーの最適打ち出し角
と言われる13°付近の打ち出し角で、高弾道で
最大の飛距離を楽しむことができる。


510tともなれば、重心距離が長くなりヘッドがあばれやすくなる。
安定したヘッド軌道を保つには、シャフトの役割が多大に影響する。
「HB-187D」シャフトは、DH510専用に設計された軽量カーボンシャフトで、
軌道安定・弾き・粘りを兼ねそろえた高性能カーボンシャフト。


ソフトタッチで評判の樹脂系ラバーグリップを採用。
手の小さい方や非力な方でもしっかりクラブが振れるよう、やや細めに仕上げました。